サステナブレラ


使い捨ての意識を変える
【サステナブレラ】

より使いやすく、安全に
今の消費構造を変えていく。

サステナブレラは、
あたらしいビニールです。



わたしたちサエラについて

 

クリーンエイティブ 


「地球との関係」「未来との関係」「ジブンとの関係」
「モノとの関係」「大切な人との関係」

私たちサエラは、これからの時代のものづくりの指針として、
これら5つの関係性を大切にした「クリーンエイティブ」という
新しい「築き」の考え方を提唱します。
この「クリーンエイティブ」の考え方に賛同・共感してくださった
企業や団体の方と、パートナーとしても活動しています。




1. 地球との関係
雨のように、しょうがないこと?地球が傷ついていくことも。
自分たちが暮らす場所は、いつまでも美しい場所でありたい。
いつまでも美しい場所であり続けるために、
「本当に必要なものは何か」だけでなく
「本当は必要じゃないものは何か」ということも
真剣に考えるものづくりを。

2. 未来との関係
いつまでの未来が、自分に関係ありますか。
未来の子どもたちが暮らす社会で、
様々なことが、大事(おおごと)にならないために、
「想像力のあるものづくり」を大事(だいじ)にする。
今だけじゃなく、未来も楽しみになるものづくりを。

3. ジブンとの関係
胸を張って生きると、姿勢がよくなります。
自分の仕事に、自分の生き方に、堂々と胸を張れるか。
常にそのことを自身に問い続けていくことで
、ものづくりの姿勢を磨いていく。
そうすることで、仕事を通じて
、社会の成長につながっていく。

4. モノとの関係
「手入れをする」「修理をする」 それは限りなく
「つくる」に近い。
「いいものを買った」。
そう思う瞬間は、数年後に訪れる。
ていねいに手入れをして、長く大切に使っている瞬間に。
そうやって、使う人が「愛着」というものを

自ら「つくる」ことができるものづくりを。

5. 大切な人との関係
いいものには、愛がある。
大切な人に何かを贈るときの気持ち。
「喜んでもらいたい」「いつまでも大切に使ってもらいたい」
そういう大切な人に向けた思いを、
作り手自身も込める。そういうモノづくりを。



 Caetla(サエラ)とは、フランス語で「あちらこちら」という意味の言葉です。

「こちらから、あちらへ」。未来を見据えたメッセージを込めています。